カラー第一弾*ツンとしたにおい*

 

こんにちは(^^)

福島市の美容室 RappoLiz hairです

 

カラー中のツンとしたにおい、好きな方はあまりいらっしゃらないと思います

 

これだけ新しいカラー剤が次々出てきて、研究もされているのに なぜあのにおいは無くならないのか・・・?

 

 

あのにおいは「アンモニア臭」です。

後に説明しますが、これは必要なにおいです

(そして、このにおいはかなり軽減させることが出来ます!!)

(※においに配慮して作られたカラー剤もあります)

 

 

カラーは、通常弱酸性の髪をアルカリ性にすることで色が染まります

 (明るくすればするほどアルカリは強くなります)

アルカリ性になると

髪を痛め・ごわつかせる

②髪に残留することでカラーの退色を速める

ということが💦 

 

 

アルカリ物質を飛ばすためにアンモニアが含まれており、そのときにツンとしたにおいがするのです。

アルカリが強ければ(=髪を明るくすれば)それだけにおいも強くなります。

しかしこのにおいが無ければ髪はどんどん痛み、色持ちは悪くなってしまいます

 

 

そう言われてもにおいはイヤ・・・ですよね。

RappoLiz hairではカラー後の”処理剤”と呼ばれるトリートメントを使用しています。

処理剤を使用している美容室は多くありますが、数ある処理剤の中でも、唯一100%アルカリ除去の効果があるものを使用しています。

 

 

カラー前に使用するものもありますが、カラー後に使用するものが

「ヘマチン」(ダメージの原因となる残留アルカリを除去)

「PH調整剤」(アルカリに傾いた髪を弱酸性に戻す)

 

これらを使用することで、

①自宅でのにおいを無くすのはもちろん

②ダメージを大幅に軽減し

③色持ちを良く することができます。

 

 

カラー前・カラー後にしっかりケアをすることで、傷まないキレイな髪を長く楽しむことができます(´▽`*)

 

 

いつまでもキレイな髪でいるために出来ることは早くからしていきましょう♪

 

RappoLiz hair

 

 

 

次の記事へ

の記事へ